春になると引っ越し業者はとても忙しくなるそうです。

 

引っ越しイコール春というイメージがありますが、春から進学や就職などで一人暮らしをする人が多いですね。
春を過ぎても色々な事情で一人暮らしをする人もたくさんいるんですよ。
初めての引っ越しはどの引っ越し業者にするか決めたり、料金はどれくらいかかるのか?など、不安な事だらけですよね。

 

では、引っ越し料金の1K単身相場はどうやったらわかるのでしょうか?

次をご覧ください。

引越し業者から納得する料金を引き出すには?

初めての引っ越しであなたは何が一番重要な事だと考えますか?
・とにかく引っ越し料金の安さを第一に考えて引っ越し業者を決めたい人

・単身で不安なので丁寧な対応

・信頼性のある引っ越し業者を決めたい人

・とにかく荷物をまとめる時間があまりないので梱包からお願いしたいという人

 

それぞれ人によって引っ越しの重要ポイントは違ってきますが、

やはり料金を安くしたい!という人が多いのです。

 

引越し業者比較サイトで最良の業者を探そう!

ネットの引っ越し見積もりサービスを利用するのが一番早く引っ越し料金の1K単身相場がわかります。
【引っ越し侍】https://hikkoshizamurai.jp
【ホームズ】www.homes.co.jp
【価格.com】hikkoshi.kakaku.com
【SUUMO引っ越し】https://hikkoshi.suumo.jp
これらのサイトで一番安い引っ越し料金の単身相場がわかります。

ここで悩んでしまうひともいるかもしれません。

 

一番安い引っ越し料金は1K単身引っ越しパックという(引っ越し業者によって名称はかわります)高さ150~170センチ、横幅約100センチ、奥行き約100センチ(業者によってサイズはかわります)の金属製の格子状の滑車付コンテナボックスに入るだけの荷物で引っ越せば、トラックや人手もなく、最安値で目的地まで荷物を運んでもらえます。

 

このコンテナボックスの引っ越しは大きな家電用品などを引っ越し先でまとめてそろえるなど、引っ越してから必要な物をそろえられるので、絶対に必要な物だけを安く運んでもらい、身軽に引っ越す事ができます。

 

荷物が多い人や大型家電なども一緒に運んでもらうのであれば、単身引っ越しのプランで見積もりを出して比較すれば引っ越し料金の1K単身相場がわかります。

 

この場合はトラックや引っ越し業者の人数によって単身引っ越しパックよりずいぶん引っ越し料金は高くなってしまいますが、段ボールを無料でサービスしてくれたり大物家電を取り付けてもらえるので助かります。

 

前もってしておいたほうがよい事

引っ越し先の間取りの長さを正確に把握しておきます。

特に運んでもらった洗濯機や冷蔵庫などが設置できなかったり、最悪の場合入口から入らない場合もあるのでわからない場合は引っ越し後にそろえるのがよいようです。

引っ越し料金はやはり土曜、日曜、祝日などは込み合うので割高になってしまうケースが大半をしめます。できれば平日に引っ越しができるように予定をくんでおくと、かなり料金は安くなります。

 

まとめ

初めての引っ越しはわからないことだらけです。荷物の量や、距離などで料金は人によって違いますが引っ越し料金の1K単身相場を把握して引っ越し業者が見積もりをだしてくれます。

 

その時にたくさん質問してください。思わぬ値引きや無料サービスを教えてくれる引っ越し業者もあります。最終的に三社くらいで比較して、気持ちよく引っ越し出来れば1K単身生活の第一歩がスムーズに踏み出せます。